刀剣買取に興味が出てきたら

刀剣を鑑定するポイント

刀剣を鑑定する際に判断基準となるのは、その良し悪しを判別することもそうですが、本物か偽物かを判別することでもあります。特に日本刀の場合は、江戸時代に幕府が認めた制作者や産地で制作されたものに高い評価が与えられることが多いです。その間に技術力は高まりましたし、各地域ごとに異なる特徴の刀剣が発達していきました。それ以前からも、時代に合わせた機能や文化に合わせて、多様に変化してきました。 刀剣を鑑定する際にまず注目するのは、銘がある場合はそれが本物かどうかを判断する必要があります。生産地域や流派から、銘を掘った人物が実際に制作した年代と合致するのかなどを基本として、判断していきます。銘がない場合はかたちから時代を選定し、刃文から製作地や作者、流派を絞り込んでいきます。 鞘や柄などの刀装具を鑑定する場合も、かたちから製作された土地や作者、流派を絞り込んでいくことになります。 そして刀剣も刀装具も、制作された当時の原型を保っているかどうかが重要な判断基準となります。